修学院離宮 中離宮

e0177413_15302125.jpg

 既に、幾つの門をくぐってきたのだろう




e0177413_15322550.jpg

 新緑の向こうに
e0177413_15331541.jpg

 中離宮の建造物が見えてきた
e0177413_15385878.jpg

 飛び石を踏みしめ進んでいく
e0177413_154146.jpg

 初夏の花が咲き出した庭、そして楽只軒
e0177413_15422378.jpg

 客殿の杉戸に描かれた祇園祭の鉾の絵
e0177413_1544835.jpg

 そして鯉の絵
e0177413_1545925.jpg

 天下の三棚の一つ、霞棚
e0177413_1547548.jpg

 サツキの頃もいいものだ
e0177413_1548418.jpg

 段差を階段に繋げた下の間
e0177413_15515100.jpg
 
 建物外周を回り
e0177413_15524369.jpg

 再び、松並木を戻る

 ※天下の三棚は全て京都にありますが、詳しくはあえて紹介しません。
  でも、撮影できるのはここだけだそうです。
  当然、外からの撮影になりますので、全体と捉えると真ん中に柱が入る構図に
  なります。 本来なら80mm以上の望遠でモダンともいえる色合いを切り取れば
  いいのでしょうが、レンズ交換するような余裕はありませんでした。
by deepseasons | 2012-06-04 06:00 | kyoto | Trackback(1)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/18105828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2012-07-27 22:20
タイトル : 初夏の修学院離宮(中離宮編)
初夏の光眩しい修学院離宮。 中離宮もサツキに彩られていました。 (※6月6日撮影) 下離宮編はこちら。さぁ、中離宮へ進みましょう。 ツツジも咲いていた形跡が。 今度はツツジの頃も狙ってみようかな。 でも、相対的にはサツキが多いように思いました。 至る所でサツキが彩りを添えてくれています。 ちょっと晴れすぎて、サツキの葉っぱに元気がなかったですが、青空の下、ピンクの花が良い感じ。 楽只軒が見えてきました。 サツキの庭...... more
<< 修学院離宮 上離宮 修学院離宮 下離宮 >>