瑠璃光院

e0177413_14211091.jpg

 新緑に染まる




e0177413_14224476.jpg

 青もみじのトンネルを抜けて
e0177413_14232050.jpg

 まずは書院2階から眺める
e0177413_14244513.jpg

 迫ってきそうな緑 
e0177413_1425537.jpg

 見下ろす瑠璃の庭
e0177413_14322640.jpg

 1階は、また違う趣がある
e0177413_14335843.jpg

 丁寧に水打ちされた庭に雪ノ下が咲く
e0177413_14363716.jpg

 庭を眺めながら渡り廊下を行き
e0177413_14372147.jpg

 茶庵喜鶴亭から見る臥龍の庭
e0177413_1438390.jpg

 モリアオガエルの鳴き声が心地よく響く
e0177413_14415221.jpg

 今年に卵塊を見る事ができた
e0177413_14441251.jpg

 鯉が泳ぐ池
e0177413_14461975.jpg

 降り注ぐ青もみじに癒され
e0177413_14471995.jpg

 お寺を後にした
by deepseasons | 2012-06-01 06:00 | kyoto | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/18094980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2012-06-10 08:11
タイトル : 新緑の瑠璃光院
いい女が若緑の光を眺めていた。新緑の萌え出る八瀬の瑠璃光院へ。 苔むした庭を抜け、池に掛かる石橋から泳ぐ鯉を見下ろせば、 数寄屋造りの風雅な館が見えてくる。 書院の2階に上がり、「瑠璃の庭」を一望した。 心静かに写経をする人あり。 瑠璃の光に照らされる男女あり。 親も子も、新しい緑に染まるひととき。 瑠璃色が滴るばかりの茶碗を手にとれば、 いのちの清らかな光さえもが、全身にとけてゆく。 そして心にも、爽やかな風が吹き抜けていった。 いいお庭を...... more
Commented by arak_okano at 2012-06-02 00:24
凄いですね、鑑床緑に誰もいない瞬間ですね、
凄過ぎます、とんでもバグースです!
夢です・
Commented by deepseasons at 2012-06-02 22:57
アラックさん、コメントありがとうございます。
朝一番は皆さん、暗黙の了解で撮影する事ができますよ。
公開期間滑り込みでしたが、今年もいい風景を堪能させていただきました。
Commented by kirafune at 2012-06-03 10:56
deepseasonさんも行かれたのですね。
こちらの新緑、素晴らしいと思います。
やはり、朝一でしたか。
誰もいない空間で緑の海に潜ったような爽快感と癒し。
堪能されましたね~^^
Commented by enable-secret-36 at 2012-06-05 00:55
こんばんは。
瑠璃光院、行かれたのですね。
4枚目のお写真がとても気に入りました(^^)
次回の時、参考にさせていただきます。
こちらのお寺は人気があるので、私もいつも朝一番に行きます。
秋の季節は、もっと凄い人なのでしょうね。
私もその中の一人なのですが(^^;
Commented by deepseasons at 2012-06-06 04:38
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
間違いなく青もみじ、そして紅葉の名所ですね。 2階から眺める庭園も
他にはあまりないロケーションです。
Commented by deepseasons at 2012-06-06 04:43
enable-secret-36さん、コメントありがとうございます。
今回は5月末、公開終了間際での滑り込みでした。 しかも次から始まる
修学院離宮参観前の時間を利用していったという至福の日でした。
<< 修学院離宮 下離宮 うろこの家 後 >>