天龍寺の山茶花

e0177413_16553956.jpg

 天龍寺法堂、山茶花、そして雪



e0177413_1711751.jpg

 おそらく夜半から降り出した雪が
e0177413_1723631.jpg

 満開の山茶花も包み込む
e0177413_1751370.jpg

 まるでシュガーパウダーをまぶした様に
e0177413_1773214.jpg

 境内をやさしく包み込む
e0177413_1781455.jpg

 塔頭慈済院の来福門も
e0177413_1711168.jpg

 朝日に輝く瞬間
e0177413_1712195.jpg

 新雪がキラキラと輝く
e0177413_17134236.jpg

 斜光に長く伸びる影、
e0177413_17142980.jpg

 法堂も朝日に照らされる
e0177413_17161377.jpg

 開門の時間も迫り、庭園受付に向かう

 庭園の様子は後半にお届けします

e0177413_17185393.jpg


 (11/12/26 撮影)

※クリスマス3連休、ひたすら仕事明けの休みでした。
 京都南部も午前中、雪予報に夜明け前の阪急電車に乗りました。
 どこへ行くか、散々、悩みましたが、桂駅辺りでうっすらと屋根に積もった
 雪が見えてきて、嵐山に向かいました。 
 嵐山駅に着いた時は、横なぶりに吹雪いていました。
 天龍寺に着いたのが8時頃、慌てて撮影を始めました。
by deepseasons | 2011-12-28 19:42 | kyoto | Trackback(1)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/17133451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2011-12-29 01:13
タイトル : 早朝の天龍寺
曹源池に朝陽があたる頃、 池の前の大方丈で龍が目覚める。 すると、700年前に夢窓国師が作った庭が輝きを増した。 おはよう。 おはよう。 辰年の来年も、日本の朝はきっと明るい。 (撮影12月4日) 天龍寺 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 電話:075-881-1235 拝観:8時30分 ~ 17時30分(紅葉時:7時30分~拝観可能)(10/21~3/20:~17時) 料金:高校生以上500円(庭園 曹源池・百花苑) 交通:京福電鉄嵐山線「嵐山」駅...... more
<< 雪の天龍寺 南京町ランタンフェア >>