祇園祭2 鉾建て

e0177413_22201255.jpg

 新町通りの放下鉾



e0177413_22224745.jpg

 山鉾の組立てを見させていただいた。
e0177413_22231159.jpg

 この日の為に、通りに細工された仕掛けも面白い。
e0177413_22233498.jpg

 縄絡みといわれる手法も美しい。
 どうも、何周回すかも決められているようで、何度も確認されていた。
e0177413_22235928.jpg

 真木に赤熊(しゃぐま)といわれる藁が付けられる。
e0177413_22242628.jpg

 町家から見守る人、
e0177413_22245442.jpg

 そして、真木を取り付ける為に、鉾が90度回転する。
e0177413_22252865.jpg

 鉾頭、天王座、榊が運び込まれる。
e0177413_22255439.jpg

 紀元二千六百年と書かれた鉾先、
e0177413_22261140.jpg

 日・月・星三光が下界を照らす形を示しているそうだ。
e0177413_22263271.jpg

 天高く聳える真木を間近に見られるのは興味深い。
e0177413_222782.jpg

 天王座に放下僧が厳かに祀られた。
 白い布が被されて、真木が持ち上げられるまで人目にさらされない。

 このまま、最後まで見たいと思いつつも、四条通の賑やかさに負け
 曳き始めに移動した。
by deepseasons | 2011-07-21 00:25 | kyoto | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/15148836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by prado9991 at 2011-07-21 18:49
こんばんは
細かな所まで良く撮影されていますね。
邪魔にならないように撮影するのは意外と難しいですよね。
祭を行う真摯な様子が旨く表現されて、普通の風景写真とは違う良い表現ですね。
Commented by deepseasons at 2011-07-22 00:48
prado9991さん、コメントありがとうございます。
今回、色々と回らせていただいて感じたのは、皆さんが町内の誇りとして
たずさわっておられ、こちらからの質問にも気さくに答えていただけました。
鉾先を入れる時など、作業を停めてわざわざ撮影させてもらえました。
<< 三室戸寺の蓮 祇園祭1 山建て >>