大豊神社の紫陽花

e0177413_22321668.jpg

哲学の道から伸びる石畳、




e0177413_22334869.jpg

大豊神社に続く参道沿いにも紫陽花が咲きます。
e0177413_22345121.jpg

かしわばあじさい、
e0177413_22361068.jpg

咲き始めの京鹿子などいろんな花が植えられています。
e0177413_22372999.jpg

雨に濡れ、頭を垂れる珍至梅も咲きます。

そして、この神社には神話にちなみ鎮座されるめずらしい狛鼠が居られ、

e0177413_22403151.jpg

↑左は長寿を表す水玉(酒)を抱き、
e0177413_22422077.jpg

↑右は学問を表す巻物をもたれています。
e0177413_22432291.jpg

もう少し哲学の道を歩いていこうと思いましたが、
また、雨足が激しさを増してきたので、来た道を戻る事しました。

(10/6/15 撮影)
by deepseasons | 2010-06-23 00:19 | kyoto | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/12845448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kwc_photo at 2010-06-23 08:30
アワモリショウマ、と言うのですね。この紫陽花。
藤森神社で見かけてから、何という種類だろうと思っていました。
スッキリ!です(^^)

大豊神社の狛鼠、可愛いですね。
この神社、哲学の道に近いところにあるのですね。
また機会があれば立ち寄ってみたいです。
Commented by enable-secret-36 at 2010-06-23 21:01
こんばんは。
大豊神社の参道にも綺麗なアジサイが咲くのですね。
雨に濡れた石畳とアジサイが、とてもいいですね~
まさにこの時期ならではの風景ですよね。
狛鼠も、めずらしいし可愛らしい(^^)
お写真拝見して、行ってみたくなりました!

リンク、ありがとうございます。こちらもリンクさせていただきます。
Commented by deepseasons at 2010-06-24 00:29
katsuさん、コメントありがとうございます。
katsuさん、ゴメンナサイ~。嘘ついていました。
小さな名前のついた木札がぶら下がっているのですが、
これだけ見つける事ができず、後から調べてエントリーしたのですが
よくよく考えてみると、アワモリショウマは花の形こそ似ていますが、
よくよく説明文を読むと草でした。 こちらは木なんですよ。
katsuさんの「この紫陽花」って言葉に「アレッ」て思い
調べました。 全然、スッキリとしませんね。
更に調べていると、翌日の仕事にひびきそうなので止めて
おきます。 現時点は「白い花」に訂正しました(苦笑い)
Commented by deepseasons at 2010-06-24 00:37
enable-secret-36さん、コメントありがとうございます。
狛鼠は最初に暗い境内で見るとドッキリですが、よくよく見ると
可愛いですよ。 他に確か狛猿と狛鳶も居られるのでお立ち寄り
ください。 お賽銭だけご用意くださいね。
ちなみに、ここにも立派な桜と梅があり、梅は去年のエントリーにも
載せています。

リンクありがとうございます。
Commented by kwc_photo at 2010-06-25 01:02
お花の名前の訂正、ありがとうございました。
こちらに来てじっくり見たら、ホント、ナナカマドの葉ですね。
ということは、私が藤森神社で見かけたのと、違うなぁ。
よく似た花だと思ったので、思わず紫陽花!と思ってしまいました。じっくり見ると違いますわ~(^^;

ともあれ、教えてもらってありがとうございます!
Commented by deepseasons at 2010-06-25 11:09
katsuさんのコメントが、私のミスを発見させてくれました。
ありがとうございました。

本当に初歩的な間違いでした~ だって、木に草の名前をつけた
のですから、申し訳ございませんでした。
<< 三鈷寺、そして善峯寺へ 永観堂 禅林寺の青もみじ >>