今井谷の八講桜

e0177413_22145597.jpg

奈良県桜井市、多武峯に向かう街道外れ、




e0177413_2216150.jpg

今は村の集会所になっている満願寺で、
e0177413_22162212.jpg

集落を見守るように咲く樹齢約300年の一本桜。
e0177413_22164280.jpg

談山神社に藤原鎌足を祭る八講祭を行なう寺院に
e0177413_2217069.jpg

しだれさくらを植えたとの言い伝えから
e0177413_221727100.jpg

八講桜と命名されています。
e0177413_22174966.jpg

集落のサクラも、同時に見頃を迎えていました。

(10/3/31 撮影)
by deepseasons | 2010-04-11 00:10 | nara | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/12459130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Katsu at 2010-04-12 12:20 x
八講桜、写真仲間から教えてもらって、行きたい、行きたいと思いながら、
まだいけていないんです。
竹やぶバックの薄桃色が、可憐というか、清楚というか、なんともいえない
風情ですね。
名のある桜は、やっぱり立派ですね。行きたいなぁ~。
今年はdeepseasonsさんの写真で見られたので良かったです。
来年はぜひチャレンジしたい場所です(^^)
Commented by deepseasons at 2010-04-12 21:17
katsuさん、コメントありがとうございます。
ここの桜は、奈良一番桜の氷室神社に続いて早く見頃になる桜で
少し遅いかなと思いながら行きましたが、間に合ってよかった
です。
確かに竹やぶを背景に咲くのが風流ですね~。
晴れ良し、雨良しといった感じです。
ただ、曇り空はイマイチですが、今年も見れたので十分です。
<< 悟真寺のしだれさくら 海龍王寺のゆきやなぎ >>