大野寺の小糸しだれ桜

e0177413_2241463.jpg

室生寺開創時に、西の大門と定めたのが大野寺、




e0177413_22492678.jpg

鐘楼前の小糸しだれ桜が満開の時を迎えていました。
e0177413_22511265.jpg

鎌倉初期に宇陀川の対岸に刻まれた弥勒磨崖仏。
e0177413_22553844.jpg

そして、本堂前にもう一本の古木があり、
e0177413_2256413.jpg

競い合うように咲いています。
e0177413_22572840.jpg

鐘楼横の小道も春爛漫でしたが、いつもは競演している
紅しだれ桜は、「つぼみふくらむ」程度でした。

何日かの「花冷え」が影響しているでしょうね。
e0177413_233749.jpg


(10/3/31 撮影)
by deepseasons | 2010-04-04 00:01 | nara | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/12420432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 天益寺のしだれさくら 本郷の又兵衛桜 >>