真如堂のさんしゅゆ

e0177413_2293912.jpg

真如堂参道、




e0177413_22104959.jpg

普段は気づかない椿の大木、
e0177413_22114858.jpg

馬酔木が咲く本坊と本堂を
e0177413_22134098.jpg

つなぐ渡り廊下の向こう側、
e0177413_22151598.jpg

万霊堂前のさんしゅゆ、
e0177413_22163120.jpg

可憐な黄色い花、
e0177413_23414485.jpg

苔むす庭に広がる落花。
e0177413_2220547.jpg

三重塔を眺めつつ移動すると、
e0177413_22215829.jpg

金戒光明寺では
e0177413_22242132.jpg

遅咲きの「黒谷の紅梅」が
e0177413_22264767.jpg

満開になっていた。
e0177413_22272898.jpg


(10/3/16 撮影)
by deepseasons | 2010-03-24 23:35 | kyoto | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/12364838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アッキーマッキー at 2010-03-25 20:14 x
Deepseasonsさん、こんにちは
サンシュユは、アブラチャンかと思いました。最後の梅の花、面白いですね。背景がどうなっているか興味津々です。
Commented by deepseasons at 2010-03-25 23:07
アッキーマッキーさん、コメントありがとうございます。
最後の梅は、いわゆる「ひこばえ」というのです。
幹から新芽が出て、そこに直接に花を咲かせたものですね。
背景はたぶん塀の単色だと思います~。

先日に倒れた鎌倉でしたっけ銀杏の木も、切り株から出てくる
ひこばえで再生しようとしていると聞きました。
Commented by kwc_photo at 2010-03-25 23:07
こんばんは~。
真如堂、この季節は行ったことがありません。
大きな木は椿だったのですね。写真をみて初めて認識しました。
金戒光明寺の松の横には紅梅があったのですね。これも初見です。
やっぱり春は歩かないとダメですね~。いっぱい発見がありそうです。
Commented by deepseasons at 2010-03-26 00:05
katsuさん、コメントありがとうございます。
真如堂も四季を通して「花風景」が展開されますね。

金戒光明寺のは、「黒谷さんの紅梅」で親しまれているよう
です。
<< 蓮華寺のしょうじょうはかま 高天彦神社の梅 >>