北野天満宮の蠟梅

e0177413_05587.jpg

北野天満宮の蠟梅も、そろそろ見頃を迎えていました。




e0177413_075830.jpg

菅原道真公をお祀りする社殿を取り囲む
e0177413_094675.jpg

回廊の外に甘い香りをただよせながら
e0177413_0115692.jpg

咲いていました。
e0177413_0142228.jpg

蠟梅には、大きくは4つの種類があるようです。
e0177413_015189.jpg

↑花弁の中心が紫がった「蠟梅」、
e0177413_0164152.jpg

↑少し花弁が尖っている「和蠟梅」を、
ここでは見ることができます。
e0177413_0174469.jpg

↑その他に、以前にアップした写真ですが、
芯まで黄色い「素心蠟梅」や、
「満月蠟梅」があるそうです。
e0177413_022021.jpg

梅香に早春の訪れを感じました。
by deepseasons | 2010-02-06 00:26 | kyoto | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/12098376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by primenumber2 at 2010-02-06 19:28
師匠ごぶさたしております。
天満宮といえば梅ですね。
鑞梅の質感がとても美しいです。

Commented by deepseasons at 2010-02-07 00:17
primenumber2さん、コメントありがとうございます。
お忙しそうですね。 
梅、椿、桜、花を愛する者にとって、欲張りな季節が目の前です。
<< 妙蓮寺の御会式桜 北野天満宮の梅だより >>