るり渓鳴爆の紅葉

e0177413_0173731.jpg

るり渓にも紅葉の季節がやってきた。




e0177413_0184361.jpg

錦繍巌(きんしゅうがん)周辺、
紅葉が絹の縫い取りをしたように見える美しい岩山の意味。
e0177413_019628.jpg

この辺りのもみじが一番美しい。
e0177413_0192376.jpg

千秋潭(せんしゅうたん)、
e0177413_0203128.jpg

両岸の紅葉が水面に映り、また落ち葉が一面に敷いたよう。
e0177413_0204694.jpg

まさにこのように美しい淵である。
e0177413_021658.jpg

そして、鳴瀑(めいばく)、
e0177413_0212580.jpg

日本の音風景100選に選ばれた
e0177413_0214886.jpg

るり渓の顔とも言える名勝地で、最後を閉めさせてもらう。

なお、左側の山柿がうまく入れて撮りたかったが、陽も既に高く
逆光だったのが残念である。

(09/11/4 撮影)
by deepseasons | 2009-11-15 00:23 | kyoto | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/11581334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アッキーマッキー at 2009-11-15 20:41 x
Deepseasonsさん、こんにちは
暗い中での滝の撮影、大変でしたね。水に反射した紅葉が美しいですね。錦繍巌(きんしゅうがん)の滝と紅葉の感じがいいですね。
先月末に娘のマーチングバンドの東海大会があり、三脚が壊れていたので、これを機に買ってもらいました。ベルボンのネオカルマーニュ635です。モデルはちょっと古いですが、安定感抜群です。山に持って登るのはしんどいですが、平地の撮影なら大丈夫です。最近忙しくて遠出ができませんが、近所で紅葉や朝日夕日の富士山を撮るには持ってこいです。
Commented by deepseasons at 2009-11-16 01:00
アッキーマッキーさん、コメントありがとうございます。
滝や渓谷の流れの撮影は、やはり三脚なしでは撮れませんね。
私もベルボン製の山登りでもなんとかもっていけそうなもっと安いのを
使っているのですが、本当はもっと全長と重量があり安定性がいいのが
ほしいのですが、今は贅沢がいえませんね。

マーチングバンドの大会って、赤のお揃い(なんかそんなイメージ)の
制服を着て、トランペットを回転させるパフォーマンスなんかしながら
曲を演奏するのでしょう。 カッコいいですよね。
<< 三千院門跡の紅葉 るり渓千幻爆の秋色 >>