るり渓千幻爆の秋色

e0177413_016503.jpg

千幻爆(せんげんばく)、




振り返ると、渓谷に朝陽が入りだした。
e0177413_0181263.jpg

光は、沢を瑠璃色や、
e0177413_0183214.jpg

紅葉が写りこむ橙色に染める。
e0177413_0185276.jpg

階段状に流れ落ちていく様に圧倒される。
e0177413_0191022.jpg

上空が開け、光り輝きだす沢、
e0177413_0192545.jpg

黄色を映しこむ沢、
e0177413_0194097.jpg

沢は見る方向により、表情を変えていく。
e0177413_0195693.jpg

一旦、元の出発点まで戻り、
e0177413_0201272.jpg

もう一つの景勝地に向けて、山を少し下ります。

(09/11/4 撮影)
by deepseasons | 2009-11-13 00:21 | kyoto | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/11568975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 松風 at 2009-11-13 23:13 x

素晴らしいですね。
どの写真もいいですね、
ここには2年前の夏に行きましたので
よくわかります。
秋にも行きたいですね^^
Commented by Katsu at 2009-11-14 06:56 x
なるほど、瑠璃渓の名前の由来がよくわかる、すばらしい色の数々。
渓谷の美は、本当に角度や時間によって魅力がかわりますね。
水の流れの写真が好きなので、階段状の滝の写真などは、ホント
素敵に感じます。

インフル感染報告の続きですが、どうやら私にも・・・(--;
昨晩から発熱し、咳き込んで寝られないので、仕事関係の各所に
連絡メールを書き終わったところです。

38度超の熱は、おっさんには辛いですね・・・。
わかったことがあるのですが、感染の数日前に、原因不明の微熱が
出るようです。37度ちょっとで、すぐ収まりますし、体は元気なので
なんとも思ってなかったのですが、思い返せばあれが感染のサインです。
我が家の5人ともが同じ症状。deepseasonsさんもご自愛ください。
できれば、毎朝晩の検温をして、異常があれば外出を控えるなどした
方がよさそうです。

今日は10時ごろになったら病院いってきます。今週は紅葉はお預け、ですね。
Commented by deepseasons at 2009-11-15 00:04
松風さん、コメントありがとうございます。
何回か来ているのですが、滝と名前をつくのはなく、迫力ないものの
なぜかひきつける魅力のある沢なんです。

後もう1回だけ、アップしますが鳴曝ですが、実は
ここが一番、もみじが多く紅葉する場所です。
Commented by deepseasons at 2009-11-15 00:16
kastuさん、コメントありがとうございます。
階段状に流れる落ちるのは、沢に入り水しぶきがかかるぐらい至近距離から広角で撮ったので、評価をいただき、とっても嬉しいです。

それにしても、インフルエンザ大変です!! 
私も滅多には熱を出しませんが、いざ、熱が出ると、大げさなくらい唸ると
妻に言われるので、おっさんの熱の辛さはよくわかります。

家族の人も、まだ完治していないと思うし、くれぐれもご自愛くださいね。
パソコンの画面もあまりよくないので、決してムリをされないように・・・
まずは、体調を最優先してください。

私の事まで心配していいただき、恐縮いたします。
<< るり渓鳴爆の紅葉 るり渓水晶簾の秋 >>