金地院のホトトギス

e0177413_065355.jpg

南禅寺塔頭の金地院、




e0177413_082629.jpg

ちょうど拝観受付の前に
e0177413_091349.jpg

ホトトギスが咲いていた。
e0177413_010250.jpg

更に紫式部を眺めながら、
e0177413_0111950.jpg

明智門をくぐる。
e0177413_0121053.jpg

弁天池の広葉樹の紅葉が眩しい。
e0177413_0142487.jpg

更に、一番奥の東照宮を拝観し、
e0177413_016512.jpg

方丈に戻ってくる。
e0177413_0174351.jpg

前のお庭は枯山水の「鶴亀の庭園」である。
e0177413_020095.jpg

白砂が宝船を象徴すると同時に海洋を表し、
中央の長方形の石をはさみ、右が鶴島、左が亀島だそうだ。
e0177413_0253268.jpg

奥の刈り込まれた木々は、幾重に折り重なりあう山々で深山幽谷を表す。
e0177413_0275771.jpg

大海原を背に心穏やかに寺院を後にした。

(09/10/29 撮影)
by deepseasons | 2009-11-07 00:31 | kyoto | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/11527962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アッキーマッキー at 2009-11-08 08:58 x
Deepseasonsさん、おはようございます。昨日から親のケアで実家に帰ってます。Earth Songに感動して書き込みしようと思ったんですが、このページは書き込みできないんですね、残念。やっぱり水のある風景はいいですね。
THIS IS ITは、我が家ではレンタルビデオになりそうです。
Commented by アッキーマッキー at 2009-11-08 09:01 x
追伸です。京都の紅葉、市内ではまだちょっと早かったようです。少しだけ紅葉していた所もありましたが。おしゃれな茶店で一服しながら午前中の出張メモを書き、生気を養いました。
Commented by kwc_photo at 2009-11-08 19:53
金地院、素通りばっかりしてましたが、お庭がこんなに立派だったのですね。
ホトトギスと紅葉、京都の秋のプロローグって感じですね。
これからどこも観光客であふれかえるのでしょうけれど、
静かなお寺で秋の始まりを楽しむのって贅沢ですよね~。

京都市内の紅葉は来週から本番でしょうか。
すでに神護寺あたりはスゴイ人出でした(通りかかっただけですが)。
Commented by deepseasons at 2009-11-08 22:20
アッキーマッキーさん、コメントありがとうございます。
Earth Songはコメントもらうような内容ではなかったので、閉じて
おきました。
次週にはこの日撮影した風景をアップしますので、見てあげてください
ませ。
相変わらず、お忙しそうですが、お体にはご自愛くださいませ。
Commented by deepseasons at 2009-11-08 22:26
kastuさん、コメントありがとうございます。
私も金地院を拝観したのは初めてでしたが、立派なお庭でした。
確かに紅葉シーズン前なので、少し待てば~いい写真撮れました。

もしかすると、神護寺を過ぎて更に山間部に行かれたのですか??
Commented by youpv at 2009-11-09 12:06
こんにちは~。
金地院の枯山水庭園、非常に好きで何回も撮りに行きました。
南禅寺界隈ももう少しすれば多くの人でにぎわうでしょうね(^-^)

塔頭寺院は観光ツアーがあまり来ない為、比較的紅葉の時期でも
ゆっくり出来そうですね(^-^)
Commented by primenumber2 at 2009-11-09 17:54
師匠こんにちは。
ここのお庭は本当におしゃれで、ほのぼの出来ますね。
ホトトギス、紫式部が咲いていましたか。
そのうち遊びに行ってみようかな。
Commented by deepseasons at 2009-11-09 23:02
youpvさん、コメントありがとうございます。
私は始めて中に入らせていただいたのですが、広がりがありながら
落ち着く庭ですね。 
確かに塔頭寺院は人も少なく、ゆっくりとさせていただきました。
Commented by deepseasons at 2009-11-09 23:10
primenumber2さん、コメントありがとうございます。
お帰りなさい。
ここのお寺、以前のブログで少し紹介されていましたよね。
ちょうど、訪れた時にそれを思い出して、中に入ってみました。
植え込みの木々の一つ一つにも計算された配置になって
奥行きのある庭を構成しているんだなあと自分なりに解釈してみました。
<< 無鄰菴の秋の訪れ Earth Song >>