光悦寺の萩

e0177413_0144964.jpg

この光悦寺一帯は徳川家康公が本阿弥光悦翁に野屋敷として与えた土地である。




e0177413_023087.jpg

本堂に通じる回廊をくぐり庭にでると、初秋の気配を感じることができます。
e0177413_0231966.jpg

光悦翁は、この地に様々な工芸にたずさわる多くの職人と共に住居を構え、
e0177413_023411.jpg

光悦翁を中心とする工芸集落を営んだそうです。
e0177413_0235894.jpg

光悦翁終焉の大虚庵の光悦垣を背景に萩の花が咲きます。
e0177413_0241889.jpg

庭には多くの茶席が点在します。
e0177413_027582.jpg

光悦翁が茶道においても、偏ることなく織部や有楽斎にも教えを受け、
e0177413_0281594.jpg

又千宗旦とも最も深く交わって茶道の奥義を極めたそうです。
e0177413_0283369.jpg

今は紅葉の頃の喧騒はなく、じっくりと深まりゆく秋を眺め、
e0177413_0285067.jpg

時には物思いにふけりながら、寺を後にした次第です。

(09/9/17 撮影)

シルバーウイークは充実していますか。私は一日以外はほぼ出勤しています。
その前にいただいた休みに撮影した「鷹が峰の初秋」をお届けします。
by deepseasons | 2009-09-21 00:56 | kyoto | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/11180576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from K.W.C. Photo.. at 2009-10-07 00:16
タイトル : 一足早い紅葉(光悦寺)
光悦寺といえば、やはりこの参道。喧噪の外界から侘び寂びの世界へつながる。 【Pentax K-7 & FA31 F1.8AL Limited】 光悦垣にかかるモミジが一部紅葉。 【Pentax K-7 & FA31 F1.8AL Limited】 本阿弥光悦のお墓へ向かう道も紅葉中。 【Pentax K-7 & FA31 F1.8AL Limited】 木漏れ日に光るモミジ。 【Pentax K-7 & DFA50 F2.8 Macro】 少し早めの紅葉を楽しむ。 【...... more
Commented by kuamkumacamera at 2009-09-21 21:47
こんばんは。deepseasonsさん。私もシルバーウィークは2日しかお休みがなく、それももう終わってしまいました。でも混んでいるので撮影は行きませんでした。彼岸花も満開だと聞くと気がはやりますが。。。
こちらのお寺もしっとりと秋めいて風情がありますね。もうちらほらと紅葉ですか?二枚目のお写真と萩の写真が好きでーす。
Commented by アッキーマッキー at 2009-09-21 22:04 x
deepseasonsさん、こんにちは
deepseasonsさんもお忙しそうですね。お疲れさまです。それなのに、HPアップをこまめにされてすごいですね。それに、写真への文章のはさみ方が見事ですね。僕の場合は、どうしても頭がサイエンスベースで説明的になってしまっています。もう少しなんとかしたいと思うのですが、なかなか。
実は、父が退職後に骨董屋を開いていました、というのも祖父が元々骨董屋などをしていたようです。僕も茶碗には結構興味があるんですが、光悦の楽茶碗はすっごい味がありますね。絵画と書は実物をみましたが、茶碗はまだみたことがなく、一度ぜひ見たいと思ってます。
Commented by kwc_photo at 2009-09-21 22:20
わぁ、光悦寺はもう紅葉ですね。
いつもちょっと早めに紅葉する一本がありますね。美しいです。
シルバーウイーク、ご出勤が多いのですね。お疲れ様です。
ワタシも、結局朝だけしか自由にならず・・・行きたいところはいっぱい
あるんですがねぇ。
土曜日は出勤する時に渋滞情報を見てゲンナリ。
G.W.よりもヒドい渋滞とは、やっぱり長すぎる連休も考え物ですね。

写真に話を戻して、っと(^^;。
まっすぐにスックとたったススキがカッコいいですね。
萩の花、初秋のモミジ・・・一足早く、秋の京都が楽しめる場所なんですね。
秋のうつくしい紅葉のころの参道もいいですが、最後の写真のような落ち着いた佇まいも良いですね。
Commented by kawazukiyoshi at 2009-09-22 13:37
今日は。
萩を楽しんでいらっしゃるのですねー。
今からが良い時期です。
山口市も面白いですよ。
今日もスマイル
Commented by deepseasons at 2009-09-22 22:23
くまくまさん、コメントありがとうございます。
家の前の路地にもニラの白い花に交じり彼岸花が顔をだしたと思えば、4日ぐらいで咲きました。(私が勝手に開花の標準しているのですが・・・) もう各地で満開なのでしょうね。
気持ちは焦りますが、「働ける事に感謝の日々です。」
Commented by deepseasons at 2009-09-22 22:33
アッキーマッキーさん、コメントありがとうございます。
サイエンスの方が科学的分析というか、解析ができてそごいじゃ
ないですか~。
私なんか、実はいただいたパンフレットを読みながら、気になる
フレーズをそのまま写真の間に散りばめているだけです。
これが文科系のなせる業かもしれませんね。(笑)
Commented by deepseasons at 2009-09-22 22:38
kastuさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよ~。 
ちょうど光悦垣の前の紅葉が色づいていました。
確かに京都でも一番に紅葉が楽しめる場所だそうです。

でも、初秋の趣も良かったですよ^^。
Commented by deepseasons at 2009-09-22 22:48
KawazuKiyoshi さん、コメントありがとうございます。
実りの秋、行楽の秋、読書の秋、厳しい冬を迎える前だからこそ
輝く季節ですね。
「今日もスマイル」で暮らしていきたいものです。
<< 源光庵の紫苑 常林寺の萩 >>