一言寺の紫陽花

e0177413_051925.jpg

醍醐寺門前の旧奈良街道を少し南下したところにある山寺、
一言寺(いちごんじ)(金剛王院)。




e0177413_09536.jpg

ここも紫陽花が咲き誇る寺でもある。
e0177413_0111987.jpg

竹林を背景にした雑木林の中に
e0177413_0135114.jpg

咲く紫陽花。
e0177413_0152887.jpg

参道横のお池の向こうには
e0177413_017092.jpg

紫陽花の花と同じ
e0177413_017486.jpg

鮮やかな青色の数珠をされた坐像が
紫陽花を見守っていた。

この寺のいわれは本堂軒下にかかる額、
e0177413_0201388.jpg

『ただたのめ、仏にうそはなきものぞ、二言といわぬ、一言寺かな』

一つだけ願いを叶えてくれる一言観音がご本尊だそうです。
e0177413_026525.jpg

本堂前の階段に座られたご住職様に「やぶ蚊に刺されるぞ」と言われながら
e0177413_0274741.jpg

本堂横の雑木林から本堂を望む。
e0177413_029657.jpg

曇り空から日が射しこみ、幻想的な雰囲気がかもしだした。
by deepseasons | 2009-07-01 00:35 | kyoto | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/10531269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 松風 at 2009-07-01 21:20 x

こんばんわ
ここは穴場的な紫陽花の名所ですね。
山桃はどうでしたか?
以前にでかけたときに実がなっていて
もぎ取りたくなりました^^
Commented by deepseasons at 2009-07-02 01:02
松風さん、こんばんは。
門横の山桃の大木もたわわに実をつけ、甘酸っぱい匂いを漂わせて
落ちた実が石畳を赤く染めていました。
やっぱり食べたくなりますよね~。
<< 両足院の半夏生 光明寺の青もみじ >>