勧修寺の花菖蒲

e0177413_23385917.jpg

山科にある勧修寺、




e0177413_23411939.jpg

氷室(ひむろ)の池に咲く花菖蒲。
e0177413_23434540.jpg

午前中は睡蓮に鯉を配置した写真や
野鳥撮影されている人が多く、
e0177413_23451364.jpg

なかなか思うような構図が撮れない。

仕方なく、本堂のほうへ散策してみる。

e0177413_23483724.jpg

おっ! 紫陽花が咲き始めている。
e0177413_23494497.jpg

近寄って、
e0177413_23504660.jpg

ゆっくりと
e0177413_23513972.jpg

シャッターを押す。
e0177413_23523379.jpg

池の方も、少し静かになってきたようだ。
e0177413_235471.jpg

by deepseasons | 2009-06-15 00:10 | kyoto | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/10432022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kawazukiyoshi at 2009-06-15 17:30
花ショウブも紫陽花もすばらしい。
睡蓮と鯉。
まさにえのような風景。
じっと立ち止まってみてみたい。
今日もスマイル
Commented by 松風 at 2009-06-15 20:18 x

こんばんわ
わかりますよ、花菖蒲に接近して
延々と撮影されてる人がいますね。
なのでロングではなかなか難しい。
あ~いう人はどうなのですか?
私の場合は早めに切り上げて次に向かいます^^

その分、
紫陽花がまこと綺麗に接写できてますね。
Commented by deepseasons at 2009-06-16 00:39
KawazuKiyoshiさん、コメントありがとうございます。
絵になる風景、日本の風景をどんどんお届けします。
これからもよろしくお願いします。
Commented by deepseasons at 2009-06-16 00:50
松風さん、こんばんは。
人の事をとやかく言うつもりはないのですが・・・
考えさせられるものがあるのは事実です。
以前、フイルムで撮影していた時は撮影の設定に苦労しながら
マクロ撮影していたのですが、今やプレビューで簡単に
確認できるようになり、小生でもそれなりの写真が撮れるように
なりました。
一方で携帯で撮影した写真をその場で延々と確認している姿には
少し疑問に感じるのですが・・・
美しい景色を何とか皆で譲り合いたいですね。
<< 法金剛院の花菖蒲 神光院の花菖蒲 >>