等持院の車輪梅

e0177413_22523535.jpg

衣笠の学生さん相手の安くてボリュームのある食堂で
昼飯を食べ、立ち寄る。




e0177413_22545679.jpg

観光客の多い「きぬかけの路」から一筋入っただけなのに
訪れる人も少なく静かな境内。
e0177413_2301339.jpg

芙蓉の庭に下りてみる。
e0177413_2323177.jpg

清漣亭(せいれんてい)の手前の
白い花は車輪梅と寺関係者の人に
教えてもらう。
e0177413_2362421.jpg

更に東の苑池・心字池には
e0177413_23949.jpg

黄菖蒲も咲く。
e0177413_2395419.jpg

なんともいえない午後の
e0177413_23154846.jpg

陽だまりの中、
e0177413_2316253.jpg

まったりとした時間を堪能し
e0177413_2317451.jpg

寺を後にした。
by deepseasons | 2009-05-22 06:00 | kyoto | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/10285253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kawazukiyoshi at 2009-05-22 17:04
堪能させていただきました。
日本の庭園の趣は独特なものですね。
UBCにある日本庭園は日本人学者を記念したものでしたが、気候がやっぱり違いますから
しっとりした感じがありませんでしたねー。
日本の庭は日本にあって生きているのでしょうね。
今日もスマイル
Commented by deepseasons at 2009-05-22 23:15
コメントをいただき、ありがとうございます。 
今度、UBCの日本庭園をアップされたら、ぜひ教えてくださいね。
今後も日本庭園をご紹介させていただきますので、お暇な時にご覧くださいませ。 謝謝
<< 龍源院の残りつつじ 二尊院の散華 >>